【トイデジカメ】まさに心眼撮影。PIENI(ピエニ)のアート風写真を検証

今回は、トイデジカメの「PIENI(ピエニ)」で撮影した写真を紹介していきます。

 

女性のアイコン
・トイデジカメってどんな写真が撮れるの?
・普通に撮影したらどんな写真になるのか知りたいです

 

という人向けの記事です。

 

雑貨屋などで約3000円前後で売られているトイデジカメ「PIENI(ピエニ)」。

 

131万画素の写真撮影+動画」も撮れるデジタルカメラです。

 

・トイデジカメの大きさ比較
・撮影方法のちょっとしたコツ
・写真紹介
・動画紹介

 

・実際にトイデジカメ「ピエニ」を購入して撮影したオリジナルフォトを紹介しています。

 

「ピエニ」について

pieniカメラとカセットテープ

フィンランド語で「小さい」という意味を持つ「PIENI」

 

幅約5.1cm×高さ3.6cm×奥行1.8cm の極小デジカメです。

 

ロケ
カセットテープと比較すると、いかに小さいか、お分かりいただけると思います

 

ミンナ
いや昭和かっ
もっと誰もが分かる物にしないと

 

・・では、

カメラと100円玉と単三電池

「100円玉」と「単三電池」で比較してみました。

 

ロケ
「ガチャガチャ」で出てきそうなサイズ感です

 

最初、ミニチュア模型が起動して「撮影できる」といった驚きを覚えるほどの小ささを感じました。

 

使いこなすコツ

トイデジカメのボタン

ピエニは、一応デジカメですが、液晶画面はありません。

 

なので、ファインダーを覗いて撮影することもできません。

 

ファインダーを覗き込んでも、モヤモヤっとしています。

まるで万華鏡を見ているかのように屈折しているため、奥の状態が見えない状態となっています。

 

なので、すべて『勘』で撮るカメラとなります。

 

ただ、手を伸ばしながら「遠目」でファインダーをチラッと覗くと、薄っすらと撮りたいシーンの一部が見えてきます。

 

ロケ
遠目でやっと見える感じです。
まるで、針に糸を通すような感覚に近い気もします・・

 

ミンナ
だから、あんな変態ヅラしてたんだ~
オッサン化したな・・と思ってたんだよね

 

・・と、傍から見ると小っちゃな物を持って何をやっているのか分からない不審者と思われてしまう可能性もあります。

 

この方法は、女性なら問題ありませんが、男性の場合、近くに人がいた場合は、要注意です笑

 

「遠目+チラ見」で撮りたいシーンを判断していけば、ある程度は理想通りの写真が撮れるようになります。

 

「電源ON」の判断

 

ピエニの撮影で難しいなと思うのは、ファインダーで撮影できないことと、もう一つの厄介ごとがあります。

 

それは「電源オン」になっているかどうかの判断です。

 

室内であれば簡単に「電源オン」の把握ができますが、屋外に出ると、かなり見えにくくなります。

 

電源オンの確認は、カメラ左上のファインダー横にある「凹み」になります。

 

ロケのアイコン
ロケ
つまようじで突っつくことができる腕時計にある「リセットボタン」ほどの大きさです
太陽がサンサンと出ている日は、確認がとくに難しいです

 

写真ではハッキリと点灯されていますが、屋外に出るとかなり判断しずらくなります。

 

ピエニは動画撮影もできるため、「点灯」確認が把握できないままシャッターを押してしまうと、写真ではなく動画撮影になってしまう可能性があります。

 

  • 赤点灯:写真
  • 青点灯:動画

 

そのため、カメラ「電源オン」の確認は、ちょっと大袈裟かも知れませんが、けっこう重要なものになってきます。

 

撮影の際は、上記写真の「写真左上」のように、カメラを「斜めに」傾けて確認する方法がオススメです。

 

カメラを斜めにすることによって、屋外でも電源ONの証しである「赤い点灯」が把握しやすくなります。

 

背面側を正面で見ると「赤い点灯」の確認は難しいと言えます。

 

ロケ
一度間違えて動画で撮影してしまいました
ぜひ、お気を付けください!

 

女性の全身アイコン
ミンナ
そ。
なにトイデジで熱く語ってんの・・
恥ずかしいわ~

 

ロケ
・・興味ある方はお気を付けください

 

撮影の際は、カメラを斜めに傾けて「点灯確認」がちょっとしたコツです。

 

それでは、「131万画素」のトイデジは、どのような写真が撮れるのか紹介していきます。

公園入口

公園入口

まずは公園入口をパシャリ!

 

どんな写真が撮れるのかワクワクしてましたが・・こんなカックカクでした。

 

こちらの写真は、ファインダーを覗かず「勘」で撮影しましたが、斜めに傾くこともなく、普通のカメラと同じように撮ることができました。

 

また、記事の写真はこちらの大きさで見ていただいてますが、「ノートPC」や「デスクトップ」で写真を拡大して閲覧した場合、さらにカックカクな描写になります。

 

ファミコンの「マリオ」を思い出す描写です。

 

ロケのアイコン
ロケ
正直、「131万画素」もあるのかな…という写りです

 

女性の全身アイコン
ミンナ
やっぱオモチャだね
まさに、きったなぁ~写真だよ

 

ロケのアイコン
ロケ
・・ちょっと言い過ぎでしょ

 

トイカメラなので、画質が悪いのは「当たり前」ともいえます。

 

ただ、まるで22年前(1998年)に発売された「35万画素」の初期デジカメのような画質にも見えます。

 

35万画素デジカメ(1999年撮影)

写真を見る限り、おそらく「35万画素」のデジカメと同等の描写なのではないかなと感じます。

 

21年前のデジカメは、写真サイズが「640×480ピクセル」でした。

そして、ピエニは「1280×1024」のため、その分どうしても画質が荒く見えてしまうところがあります。

 

なので、小さいサイズで見ると、21年前のデジカメのほうが一見キレイに見えますが、写真サイズを考えると、同等の写真画質であるようにも感じます。

 

ロケ
写真サイズを考えると判断難しいです

 

女性の全身アイコン
ミンナ
そんなこと
どうでもいいよ・・
つまらんわ~

 

…と、似たり寄ったりな写真であるなと感じました。

 

関連記事

【1999年】21年前の初期デジカメ写真を紹介

 

やはり、ボディが小さいこともあり、たとえ「131万画素」あったとしても、比較的大きさに余裕のある「コンパクトカメラ」のように綺麗な写真を撮ることができないのだと思います。

 

ロケ
またレンズも極小サイズのため・・

 

女性の全身アイコン
ミンナ
って、もういいよ!
くっだらな~~~!
トイカメで熱く語んないで

 

・・小さいので、しょうがないですね

 

サッカーのグラウンド

サッカー場

「これは写真・・?」と感じる描写になりました。

 

ロケ
まさかこんな写真になるとは・・
まるで「ファミコン」のゲーム画像みたいです

 

女性の全身アイコン
ミンナ
これ「塗り絵」じゃん
昔のカラーテレビみたい

 

このシーンでは、アート風の写真さえ難しいような描写となりました。

庭園の池

庭園の池

なんとか全体像が分かる感じの描写です。

 

ロケ
ただ、こういった写真もまた「味のある写真」として割り切れば、楽しいのかも知れません

 

ミンナ
トイデジ好きな人は「なんか良い」と感じるのかもね

 

普段とはまた違って見える世界を切り取ることができるのが「トイカメラ」の魅力なのかなと感じます。

 

寄ってきたコイ

このようなシーンは、トイカメラの描写が「なんか良い/ 魅力ある」という感じを受けます。

 

ハッキリと写さないボヤっとした世界観を再現するのに適したカメラなのかも知れません。

 

シャッタースピードが遅いため、ブレブレになっていますが、それがまた写真に良い味を出しているようにも感じます。

 

流れる水

流れる水

どんな写真にしても、すべてぼんやりと分かる程度です。

 

ロケ
まるで「初代プレステ」のゲーム画像の背景みたいです

 

ミンナ
ちょっと何言ってるか分かんない

 

一昔前のゲーム画像の世界観を思い出させる描写となりました。

白と赤の花

「ピエニ」は、花の撮影に適したカメラなのかも知れません。

 

花の写真は、景色の写真と比べると、明確(キレイ)に写し出すことが出来ているように見えます。

白い花と紫色の花々

ピエニのトイデジは、近接(マクロ)撮影を中心に撮影していけば、レトロ感を感じる味のある写真が残せるような気もします。

 

景色等の写真は、カックカクですが、近くにある被写体に関しては、比較的ハッキリと写し出してくれる傾向があるようです。

白とピンクの花

このような写真もファインダーから「薄っすらと見える光景」を頼りに撮影していくことによって、比較的、狙い通りの写真が撮影できます。

 

ただ、このカメラはやっぱり「心眼」でパシャパシャ楽しむカメラなのかなと感じます。

 

ロケ
ワタシ、コレカラ「心眼」キワメテ
「写神」にナリマ~ス

 

女性の全身アイコン
ミンナ
はぁ・・
あんたは「写心」
心を鍛えなさいよ!
チッ

 

ロケ
・・はい
すみません

 

すべて「勘」で撮影して宝箱を空ける感覚で「どんな写真が撮れているんだろう?」を楽しむカメラとして利用していくのも面白いのかなと思います。

 

看板

歩道にある看板

こちらの写真は、「看板全体」が入るように撮影したつもりでいましたが、まったくズレていました・・

 

ただ、これはコレで面白いのかも知れません。

 

ロケ
なんとか「文字」が読める程度で撮影できています

 

ミンナ
そ。
も、いいよ

 

・・と、やっぱりトイカメラといえる写真でした。

トイデジの動画

 

ロケ
手持ち撮影のため、少しカクカクしています
ミンナ
なんか怖っ・・
心霊映像にありそ・・

 

一応、動画も撮影できます。

 

おわりに

トイデジカメは、景色よりも「近くにあるモノ(被写体)」を撮影するのに適したカメラなのかなと感じました。

 

近くに寄って撮影した写真は、比較的ハッキリと写すことができましたが、景色は写真全体にモザイクがかかっているかのような描写にも見えます。

 

記事では好き勝手書いてきましたが、この記事のようにトイデジカメも好きなように自由に使用していくのが一番楽しいのだと思います。

 

少しでも参考になれば幸いです。