【ソニーDSC-W830】実際に撮った写真で解説【晴天の日】

人差し指を立てている女性のイラスト
・使いやすくてお手軽価格のデジカメを検討中です
・ソニーのDSC-W830ってキレイな写真撮れる?
・どんな写真が撮れるのか知りたいです

 

と言う人向けの記事です。

 

今回は、ソニーのエントリー向けデジタルカメラ「 DSC-W830」を実際に購入してみましたので、レビュー紹介していきます。

 

DSC-W830は、2017年に発売されてから5年経つにもかかわらず、今なお「価格.com」の「デジタルカメラ 売れ筋ランキング」1位(2022年5/14現在)を維持している人気あるデジカメです。

 

正直言って、ここ最近は新しいデジカメの「発売自体がまったく無い」と言うのも大きな理由ではありますが・・・

 

また、今回の記事は「晴天」の日に撮影した写真を紹介しています。

また、写真はすべてカメラ任せの「おまかせ(完全)オート」で撮影した写真となります。

 

次回は「曇り」に撮影した写真と「プログラムオート」「パノラマ」写真をレビュー紹介します。

 

はじめに結論から言うと「SONY DSC-W830」は、

 

「エントリー向け(安価)デジカメの中では、十分撮影できるカメラ」

 

でした。

 

記事で紹介している写真は、普通にシャッターを切ると「こんな写真が撮れる」を意識した簡易スナップになります。

 

誰が撮影しても「同じような写真が撮れる」スナップ写真です。

 

また、写真の感想は個人の見解です。

文章もヘタクッソ(←こんな感じ)ですので、あくまで参考程度でご参照ください。

 

・SONY DSC-W830について
・公園風景
・スワンボート
・落雷からの復活
・池で泳ぐ鯉
・公園の歩道
・満開を迎えた桃の花
・ズーム
・ズーム2
・W830の弱み

 

・実際にカメラを購入して撮影した「オリジナルフォト」を紹介しています

SONY DSC-W830について

sony dsc-w830デジカメの外観

■簡易情報

  • 2017年10月13日発売
  • 有効画素数:約2010万画素
  • 広角25-200mm(35mm伴換算)
  • 重量:約120g(バッテリー・SDカード含む)

 

撮影方法

今回は、カメラ初心者でも簡単に撮影可能な「おまかせオート」で撮影した写真を紹介していきます。

公園風景

桜が咲き始める頃の公園風景

咲き始めた桜(一部満開)と青空を入れた公園風景

 

普通にシャッターを押して撮影した写真ですが、青空を含めた「全体の明るさ」
ちょうど良い感じの描写で撮影することができました。

 

エントリークラスのデジカメにしては綺麗に撮影されていると思います。

 

全体の色も「ナチュラル」で好ましい描写であると感じます。

 

ロケ
まだ1枚目の紹介ですが…
これだけ撮れればOKって感じです
ミンナ
しっかり撮れてるじゃん
これならOKでしょ♪

 

ガッツポーズをする忍者のイラスト
テンゲン
ま・・スマホと変わんねぇ~な
スマホ使っとけば十分十分~!
なんか意味あんのコレ?

 

ミンナ
・・・コレ言うな
それ言っちゃ、ここで記事終わっちゃうし…

 

・・・こちらの写真は、好ましく感じる描写であると思います。

 

スワンボート

色とりどりのスワンボート

カラフルなスワンボートと青空

 

最初、撮影した写真を見たとき「エントリー向けデジカメ」とは思えないほど、全体の雰囲気も良い感じで撮影することができるのだと感じました。

 

こちらの写真もこれだけ撮影できるのなら、普段の記録用としては「十分活用できる」と言えそうです。

 

ガッツポーズをする忍者のイラスト
テンゲン
そっか
結論は出たな。もう終了で良くね?
誰もそんな興味ねぇよ。この記事読まれるか?

 

・・・な記事かも知れませんが、せっかくなので、もう少しいろいろなパターンの写真を紹介していきます。

 

落雷からの復活

落雷から復活した桜の木

満開を迎えた桜の木

 

一本桜の奥に見える木々で覆われた歩道周辺が「暗い」傾向にありますが、普通に良い感じで撮れていると思います。

 

こちらの写真も2~3秒で撮影した簡易スナップとなりますが、手軽にこのような写真が撮れるところが「W830」の強みなのかなと感じました。

 

ガッツポーズをする忍者のイラスト
テンゲン
たしかに奥がちょっと暗いな・・・
警戒しないとな!こりゃ、敵いるぞ…

 

ミンナ
いや、敵はいないから・・

 

コンデジならではの「暗所が暗い」箇所が少し気になります。

 

ただ、W830は「おまかせオート撮影」から「プログラムオート」モードに変更することにより、画像の明暗の差を調整できる「DRO」機能を備えています。

 

そのDROを「STD(スタンダード)」から「DRO Plus」に変更することで多少暗い箇所を明るめに撮影することが可能です。

 

手動でちょこっと調整する必要がありますが、エントリー向けデジカメとしては、機能が充実しているカメラだなと思います。

 

池で泳ぐ鯉

池で泳ぐ4匹の鯉

池で泳ぐ鯉をパシャリ。

 

ピントもバッチリで明るさも良い感じで撮影できました。

 

写真もテキト・・いえ、とっさにカメラを向けて撮影しただけですが、ブレることもなく好ましいと感じる描写で撮影することができました。

 

ロケ
一度の「半押し」でピント合致して簡単に撮影できます

 

ミンナ
気軽に撮れるっていいね!

 

 

ガッツポーズをする忍者のイラスト
テンゲン
ま、たしかに良い感じかも
写真はつまんねぇけどな・・

 

W830は、いろいろなシーンを簡単に撮影できるところが強みであると感じます。

 

公園の歩道

公園の歩道

ほぼ歩きながら撮影した写真ですが、ブレることもなくしっかりと撮影することができました。

 

カメラをしっかりとホールドしなくても十分撮影可能(傾向が高い)ように感じます。

 

ロケ
風景やスナップ全般は安心して撮影できます

 

ミンナ
ってか
もっと楽しい感じの写真ないの~?

 

ガッツポーズをする忍者のイラスト
テンゲン
近所の公園でテキトーに撮りすぎだろ!
もっとド派手な良い写真撮れよなー

 

・・・このようなイメージの写真が撮れると参考にしていただければ幸いです。

 

見ごろを迎えた桃の花

満開を迎えた桃の花をマクロで撮影した写真

「桃の花」を目いっぱい近づいて撮影

 

少し逆光気味でしたが、ピントの合う限界あたりまで近づいて撮影した写真です。

 

ピントも「おしべとめしべ」にバッチリと合致して簡単に撮影できました。

 

ただ、全体が少し「暗め」なのが残念なところです。

 

ロケ
やはり「おまかせ(完全)オート」では限界があります

 

 

ミンナ
「露出補正」使って明るく撮影するしかないね

 

ガッツポーズをする忍者のイラスト
テンゲン
けっこう近くに寄って撮れるんだな

 

少し離して撮影すると、明るさもそこそこ良い感じでキレイに撮影できます。

見ごろを迎えた桃の花

いろいろ撮影しましたが、ピントは1度で合うときが多いです。

薄ピンクの椿の花

ピントも簡単に会うため、こういった写真も2~3秒で撮影可能です。

ピンクの椿の花

少し大きめの花であれば、ピント合致もあまり迷うことなく、比較的カンタンに撮影可能です。

 

マクロ撮影もピントが合いやすい傾向があるため、カメラ初心者でも安心して撮影できるように思います。

 

ズーム

ズームで撮影した休んでいるカルガモ

「8倍ズーム」撮影

 

お休み中のカルガモを広角(左)と望遠側(右)で撮影。

 

W830は、「8倍ズーム(35mm換算200mm)」もあるので、いろいろなシーンで活用できると思います。

 

ロケ
ピントも合致しやすいです

 

ズーム2

庭園内を歩くカルガモ

周りが木々で覆われている、ほんの少し「薄暗い場所」でも試してみました。

 

結果、ほぼ問題なく撮影可能でした。

 

ガッツポーズをする忍者のイラスト
テンゲン
コンパクトボディでこんだけ望遠できれば文句ね~かも

 

ただ、暗所になると写真が「ブレやすくなる傾向」があります。

 

ここでは2回撮影しましたが、内1枚は少しブレている写真になりました。

 

ロケ
当然ですが、薄暗い場所ではしっかりとカメラをホールドして撮影する必要があります

 

W830の弱み

ピント合わせ

スワンボートの頭

風景や街並みスナップ等と違って、一部分(細かいもの)に合わせる被写体に対しては、まったく「ピントが合致しない」傾向があります。

 

望遠ズームで一部を撮影したいと思っても
「意図した場所に合致しない」「手前に合わない」と言ったことが多々あります。

 

マクロ側でも小さくて細かな被写体は、まったくピントが合致しませんでした。

ピンク色したつぼみの花

このような被写体(花のつぼみ)は「ピントが合わない」と言っても良いかも知れません。

 

上下斜めからいろいろなパターンで10回以上試しましたが、この被写体に対しては、ピントが合致することはありませんでした。

 

色が異なる

公園の芝生に立つ大きな緑の木

同じような構図で撮影した写真ですが、少し全体の色やコントラストが異なってくる傾向があります。

 

ただ、オートで撮影する以上、一眼レフカメラでも異なってくる傾向があるため、色に関してはオートで撮影する以上致し方ないのかも知れません。

 

ガッツポーズをする忍者のイラスト
細か・・・
これだけ撮れれば良いだろーが
はぁ~、ヤダヤダ

 

・・・このような傾向があります。

 

まとめ

ペンのイラスト

「SONY DSC-W830」は、エントリー向け(お手頃価格)のデジカメとしては、

 

「断トツでおすすめのカメラ」

 

と言うのが結論です。

 

普段の「記念写真」を撮る分にはW830で事足りように思います。

 

ただ、小さくて細かい対象になると、ピントが合いづらい、または一切合わないときもあります。

 

なので、花の写真や望遠ズームで一部を切り取りたいなどの写真撮影も検討されている方は、もう少し上位の機種をおすすめします。

 

次回は「曇り(一部晴れ)」「プログラムオート」「パノラマ」の写真を紹介します。

 

少しでも参考になれば幸いです。